ケーススタディトップへ
Case01の画像

夢展望 人気の女性向けファッションECサイト

「夢展望」、デクワス.RECOの導入で

レコメンデーション経由の購入単価が
140%に向上

 ネット専業でレディースファッションの通販を手がける夢展望株式会社。同社は10代から20代の女性をコアターゲットに置き、豊富な商品ラインアップで高い支持を集めている。そんな夢展望のECサイトを裏でサポートしているのが、レコメンデーションエンジン「デクワス.RECO」だ。
 以前はプッシュしたい商品の写真や情報を手作業でウェブページに貼り付けるなど、レコメンデーションを表示させるために多くの手間と時間をかけていた同社。しかしデクワス.RECOを導入後、レコメンデーションの解析やページへの表示が完全に自動化されて工数の削減に成功。さらにはレコメンデーション経由の売上が従来の140%にアップしたという。
 今回、夢展望営業企画部セールスマーケティングチームマネージャーの田中誠氏と、営業本部商品部販売チームの小倉菜摘氏に、デクワス.RECO導入の経緯や、実際に使用してみての効果などを語っていただいた。

顧客は女性中心、スマホ経由の利用者が9割

夢展望株式会社  営業企画部 セールスマーケティングチーム マネージャー田中さまの画像
夢展望株式会社  営業企画部 セールスマーケティングチーム マネージャー田中さま

――――ECサイト「夢展望」の特徴を教えてください。

田中誠氏(以下、田中) 「夢展望」は10代後半~30代前半まで、幅広い層のお客さまにご利用いただいているレディースファッションサイトです。商品単価としては、春夏であれば1,000~3,000円ほどのアイテムが中心。いわゆる「プチプラ(*)」価格のものが多く、気軽にお買い物がしやすいサイトを意識しています。

*註:プチプラとは「プチ・プライス」の略。安価、お値打ちを意味する言葉だが、ファッション領域で使われる場合、「安くてカワイイ」「安価だけどオシャレ」といった安さプラスアルファの価値を肯定的に表現するキーワードとして、特に10代~20代の女性たちの間でよく用いられる

「カジュアル」「セクシー」「スイート」などさまざまなテイストで商品展開していますので、年齢だけでなく、洋服の好みにおいても幅広いお客様にご利用いただけるサイトかと思います。

――――女性ユーザーが多いからこその傾向や、
こだわりなどはありますか?

田中 かつてはフィーチャーフォン、最近はスマホを介して夢展望にアクセスしてくださるお客さまが非常に多く、現在、ユーザーの9割はスマホ経由です。そこでスマホでも買い物しやすいようなサイトになるよう、デザインや構成、機能などにこだわっています。

小倉菜摘氏(以下、小倉) たとえば、写真点数の豊富さ。女性は「これ、カワイイ!」と第一印象や直感を重視して品物を選ぶ傾向が強い。男性であれば、生地や機能、使いやすさといった仕様に注目される方が多いのですが、女性はもっと感覚的です。そのため夢展望では、カラーバリエーションの多彩さ、着こなしのパターンなど、パッと見ただけでイメージがふくらむような写真を数多く掲載して、楽しく商品選びしてもらえる構成を心がけています。

の画像
夢展望株式会社 営業本部 商品部販売チーム小倉さま

以前はすべて手作業だったレコメンデーション表示

以前はすべて手作業だったレコメンデーション表示の画像

――――デクワス.RECOを導入する前、レコメンデーションはどうされていたのですか?

田中 ある商品を購入したお客さまが、同時に購入されることが多い商品……いわゆる同梱率の高い商品を、他のお客さまがお買い物をしたときにもレコメンデーションとして表示したかったわけですが、デクワス.RECOを導入する前は、ぜんぶ手作業でした。

 CMSから手動で受注データを取り出して、それを人力で調べて同梱率が高い商品を抽出し、レコメンデーションとして商品ページに手作業で貼り付けていたんです。それでも、CTRやCVRといった結果は悪くなかったのですが、なにぶんすべて手作業だったので非常に効率が悪く、PDCAを適切にまわすことも困難な状況でした。

 実際の更新作業では、ページに商品写真を貼る作業だけでなく、品切れの商品はレコメンデーション表示から外す必要があるので、在庫状況もこまめに確認しなければならず、メンテナンスにも時間がかかっていた。かなり厳しい状況でした。

課 題

・レコメンデーション商品の抽出、ページへの表示、更新などがすべて手作業で、膨大な工数がかかっていた。

デクワス.RECO導入の決め手は、
独自のアルゴリズムによる常時解析、
自動で最適化をはかってくれるクラウドコンピューティング

デクワス.RECO導入の決め手 画像

――――そこで、レコメンデーションエンジンの実装を検討されたのですね。

田中 「手動は大変すぎる」と困っていたところでデクワス.RECOのことを知り、サイジニアさんにご相談したんです。

 話を聞くと、手作業での時間的、工数的な負荷が解消されるだけでなく、レコメンデーション精度の向上も期待できるという。以前は、売れている商品を軸にして、それに関連する代表的な商品を人力で選んでいたので、全商品を網羅してレコメンデーションを抽出することが難しかったんです。でもデクワス.RECOを用いれば、全商品から自動的にレコメンデーションを選び出し、自動的に表示してくれるとのことでした。

――――デクワス導入の決め手となったのは?

田中 大きな理由としては、独自のアルゴリズムによる常時解析と、その上で自動的に最適化をはかってくれるクラウドコンピューティングです。メンテナンスいらずで、回遊率とCTRの向上がかなえられると考えました。要するに、こちらの売りたいものではなく、お客さまがサイト内で起こした行動の結果によりコンテンツが作成される形になるので、顧客の親和性や満足度を向上に繋がるだろうと。

――――商品の網羅性については?

田中 当社では約2000アイテムを販売していますので、多くの商品はロングテールになります。そういった商品の網羅性を活かしたうえで、それぞれの商品の引き上げにもデクワス.RECOは貢献してくれるだろうと期待しました。

 また、レコメンデーションの成果定義も「クリックした商品のみを対象にして、なおかつ24時間以内に購入したケースを抽出する」というものでしたので、レコメンデーションの成果を確認する意味でも、納得がいくものでした。

導入の目的と、期待した効果

・完全自動化されたレコメンデーション機能の実装による工数削減と、サイト内回遊率、CTRの向上。
・商品の網羅性を活かしたロングテールの実現と、それぞれの商品の引き上げ。

デクワス.RECOのレコメンデーションを経由した顧客は、
経由外と比べて購入単価が140%に

――――実際にデクワス.RECOを導入して、
率直な感想は?

田中 トライアルの時点で、まずは性能的に「これはスゴイ。求めていた機能が揃っている」と素直に感心しました。ただ、端的な結果が数字で表れるかどうかは未知数でした。

 でも、すぐに結果が出たので、とんとん拍子で正式導入が決まりました。導入したのは2015年3月の半ばです。導入にあたっては、デクワスのレコメンデーション表示の機能と、当社サイトの仕様を擦り合わせて、多少の改修が発生したのですが、サイジニアさんには丁寧に対応していただいたので、安心感がありましたね。

 導入後も、管理画面で簡単に結果が確認できたり、月に1回レポートを上げていただいたり、気になることがあればすぐに相談に乗ってもらえるので、アフターサポートの満足感も高いです。

デクワス.RECOのレコメンデーションを経由した顧客は、経由外と比べて購入単価が140%にの画像

――――導入後の具体的な効果を教えていただけますか?

田中 デクワス.RECOのレコメンデーション経由の売上から換算した場合、導入月のみで導入コストは回収できましたので、実質的な効果としては当初の想定以上となりました。とくに購入単価については、経由外との比較で平均140%ほどに向上しました。

 その後、テスト段階だった自社CMSのレコメンデーションシステムとA/Bテストも行いましたが、結果はデクワス.RECOの方が良い結果となり、現在も利用を継続しています。

――――自社CMSの自動レコメンデーション機能も検討されたのですね?

田中 ええ、自社のレコメンデーション機能は無料、デクワス.RECOは有料になりますから、やはり検討はしました。

 「同じような効果が自社システムで実現できるなら、デクワスの利用は中止か」という議論にもなったのですが、CTR含め、効果は全般的にデクワスの方が高かったので、結局、継続となりました。

 具体的には、自社CMSのレコメンデーション経由で購入したお客さま数と、デクワスのレコメンデーション経由で購入したお客さま数を比較したところ、前者の売上を100%とした場合、後者の売上は164%という数字になりました。

具体的な効果

・デクワス.RECOのレコメンデーション経由で購入したケースでは、購入単価が経由外と比べて140%にアップ。

・自社CMSのレコメンデーション機能とデクワス.RECOをA/Bテストした結果、デクワス.RECOのレコメンデーション
 を経由した顧客が約1.6倍の売上を記録。

今後の機能拡充では「レコメンデーション経由の販売商品を
確認できる管理画面」や「レコメンデーション商品を任意に
操作できる細かい設定機能」に期待

今後の機能拡充の画像

――――それでは最後に、今後デクワス.RECOに望むことを教えてください。

田中 あると便利だなと思うのが「レコメンデーション経由で販売した商品一覧」を管理画面で確認できる機能です。

 管理画面では表示回数、クリック数、CVRなどがチェックできるのですが、どの商品に、どんなレコメンデーション商品が表示されて、実際に売れたかどうかについては、いまのところ管理画面上で確認できないんです。どの商品がいちばんレコメンデーション経由で売れているのか、といったことを把握できれば、傾向分析やそれを活かした施策などに活かすことができます。

――――他にもありますか?

田中 あとは「レコメンデーションA/Bテスト」の機能があると嬉しいですね。現状、クラウドコンピューティングで常時解析し、最適化したレコメンデーションデータを自動表示させていますが、あえてセグメントというか、「この商品が売れたときは、これを表示させる……たとえばカジュアル系の商品が売れたら同じくカジュアル系を表示する」といった形で、任意にカテゴリーやテイストでレコメンデーションを縛ったりできたら便利です。先日、サイジニアさんにご相談したら「技術的には可能」ということだったので、今後、具体的に検討を進めていきたいと思っています。

――――ありがとうございました。

会社情報

会社名 夢展望株式会社
事業内容 インターネット通信販売、雑貨のOEM、生産管理
Webサイト http://www.dreamvs.jp/